仮性包茎の主な症状について

仮性包茎を解消するための手術を受けたほうがいいかどうかは、判断が分かれるところです。

 

次のような考え方をすれば、話がいくらかは単純にできるでしょう

 

「真性包茎の場合は、病気や体の障害の一種。治療したほうがいい。仮性包茎はそうではない。だけども、それでは満足しない人もいる。どうしても気になるのならば、手術すればいい。いわば女性の美容整形と同じようなもの」

 

仮性包茎の場合は、亀頭と包皮の間に癒着はありません。

 

軽度の場合は、勃起でもすれば自然と亀頭がむき出しになります。包皮が長すぎるなどの理由で亀頭が出ないにしても、手でむくことはできます。

 

露茎(常に亀頭が出ているペニス)に比べ不衛生になりやすいのは確かです。亀頭と包皮の間に恥垢がたまりやすくなりますから。

 

ルーズにしていれば、臭いもするし、亀頭包皮炎や感染症にもかかりやすくなります。

 

ただし、ふろに入った時にていねいに洗うなどのことでかなりカバーできます。

 

やはり、仮性包茎を手術するべきかどうかの判断の分かれ目は、「見た目が悪い。人に見られた時に困る。特に交際している女性」ということになるでしょう。

 

やはり、女性の美容整形と同じものになってきます。

 

ただ、ほかのタイプの包茎も同じことなのですが、仮性包茎・真性包茎の判断は意外に難しいです。

 

専門医の中にも、あえて、仮性包茎・真性包茎の用語を使わないようにしている人もいるぐらいです。

 

というのは、「手で包皮をむくことができる」といっても、スルリとむける場合もあれば、癒着しかけているのを痛みをこらえながらむくような場合もあります。

 

「亀頭が出る」というのも、簡単に全部出る人もいれば、いくらやっても一部は隠れたままの人もいるでしょう。

 

すっきりと、仮性包茎と真性包茎に分かれるわけではないのです。

 

中には「仮性包茎のつもりで病院に行ったら、医者から真性包茎と診断された」や、その逆になるような人もいます。

 

特に注意が必要なのは、仮性包茎の一種「カントン(嵌頓)包茎」の場合です。

 

包皮の口が狭くなっていて、勃起時などにそれが輪っかのようになり、亀頭や陰茎体を締め付けてしまうものをいいます。

 

あまりに締め付けがきついと、血液やリンパ液が流れず、ペニスのそこから先の部分が壊死(えし)します。

 

このように、素人が自分のペニスを見て、「仮性包茎だから、あとは見た目の問題だけ」と決めつけるのはとても危険です。

 

もし、仮性包茎だと思っていても、実際に困ったことがあるのならば、一度は診察を受け、専門医の判断をもらったほうがいいです。