包茎手術が必要なケースはどんな時?

 

あまり友人同士で話すようなことではありません。関心が高い割に、まともな情報が出回っていないのが、包茎でしょう。

 

ペニスの悩みがある人は、インターネット上で検索して情報収集しているかもしれません。

 

が、間違った情報、悪意のある情報も少なからずあります。これらに踊らされて、いたずらに不安を募らせているような人もいるでしょう。

 

例を一つあげると、仮性包茎までもが、ペニスの異常として扱われていることです。

 

勃起(ぼっき)時に亀頭がむき出しになり、手で包皮をむこうと思えばむくことのできる仮性包茎は、異常ではありません。また、男性の中で少数派でもありません。

 

日本人男性の場合で、6割か7割が仮性包茎だそうです。

 

で、実際に仮性包茎の人のほとんどが、手術や治療をすることなく、日常生活を送っているのです。

 

ただし、見た目の問題だけではなく、何か問題になるようなことがあるのならば、「これは仮性包茎なのだから、大騒ぎすることはない」と自分に言い聞かせるようなことはやめておきましょう。

 

というのは、「仮性包茎と思っていても、実はカントン包茎だった」いったような例もあるのです。

 

カントン包茎は真性包茎の一種で、無理に包皮をむいて反転させたために、ペニスを締め付けている状態をいいます。

 

これは手術の必要性は高いです。ペニスの中の血液やリンパの流れが悪くなり、最悪は先端が壊死(えし)します。

 

また、これ以外の真性包茎も衛生面を考えて手術した方がいいでしょう。

 

真性包茎は日本人男性のうちの1〜3パーセントとされています。