包茎手術は料金面で注意しましょう

 

包茎の悩みというのは、あまり他人に知られていいようなものではありません。相談するなどほとんど考えられないでしょう。

 

だれしも自分一人で抱え込んでしまうものです。

 

しかも、正しい情報が十分に出回っているとはいえません。

 

目に飛び込んでくるのは、「女性は大不満」とか「いいんですか、そんな状態で。モテませんよ」といったフレーズでしょう。

 

なんだか不安にさせられたり、からかわれているいるような気分にさせられたり。

 

このようなフレーズは、しばしばクリニックの広告に使われています。気を付けましょう。全部が全部とはいいませんが、あくどいところもあるのです。

 

「カウンセリングは無料」といった言葉につられて訪れると、言葉巧みに誘い込んで、必要もい手術の契約をさせられたり、一般的な料金の五倍十倍も払わされる可能性があります。

 

包茎手術の多くは治療目的で行われるのではありません。美容整形に近い扱いです。となると料金はクリニックが自由に決めていいのです。

 

ですから、広告・宣伝費に大金を掛け、治療費をふんだくることで、割のいい商売にしているところも出てくるのです。

 

もし、専門家の信頼できる意見が聞きたければ、まずは、包茎が専門のクリニックではなく、総合病院の泌尿器科のようなところに行ってみましょう。

 

ひとまず、どこで手術をしてもらうかは後にしましょう。まずは、自分のペニスが異常なのかどうかを見てもらいましょう。

 

でないと、手術を考えるにしても、治療として必要なレベルなのか、あるいは見た目の問題を解消するレベルなのかの判断もつかないでしょう。