MENU

包茎手術した際のデメリットは?

福岡 包茎手術 デメリット

 

メリット同様、デメリットも真性包茎やカントン包茎の場合はあまり考える必要はないでしょう。治療として必要ですから。

 

仮性包茎で手術を受ける場合は、デメリットの方が上回る可能性があります。

 

まず、ペニスが過敏になること。

 

これまで隠れていた亀頭が露出するようになります。とくに手術からしばらくは、少し擦れただけでも痛みが走るようになるかもしれません。

 

また、逆に性感に関しては鈍感になることが多いようです。

 

というのは、快感は包皮が擦れることで生み出されます。この一部を切り取るのですから、快感に関しても変化があるのは当然でしょう。

 

特に問題になるのは、包皮小体といわれる部分です。亀頭の裏側にあって、俗に「スジ」と呼ばれる部分です。ここの感度はとても高いのです。

 

が、これを傷つけてしまう場合もあり、この場合の性感へのダメージはとても大きくなります。

 

また、包皮を切り取りすぎてしまい、皮の長さが足りなくなることもあります。これでは勃起(ぼっき)した時に、ペニスの上の皮が引きつってしまい、痛みが走るようになります。とてもではないが、セックスどころではなくなるでしょう。

 

また、見た目からも満足のいかないことが起こりうるのが、包茎手術です。

 

縫った糸の後が目立ってしまうようなこともあります。

 

また、包皮をリング状に切除する場合は、残った根元側と先端側を縫い合わせます。すると、この部分を境にはっきりと色が違ってしまうようなことがあります。

 

 

 

⇒メリットも多い!福岡の包茎手術、クリニック情報